· 

映画「JUST MERCY」から

実話に基づいた映画です。人種差別や社会の歪みと戦う弁護士の話です。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 ・表現を含む題材……………………… 映画「JUST MERCY」から

 ・単語、イデオム……………………… トレーラーで使われた単語

 ・表現の解説…………………………… 3つの表現を中心に解説します

 ・編集後記……………………………… 実話に基づいた映画です。人種差別

 

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

https://learningenglish.voanews.com/a/5181863.html

English @ the Movies: Death Row

 

https://www.youtube.com/watch?v=GVQbeG5yW78

JUST MERCY Official Trailer

 

※ 必要に応じて、CC(字幕)をご利用ください。

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

death row 死刑囚

inmate 収容者

justice 正義

grace 栄光

mercy 加護、慈悲、情け

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

◇  keep them from taking

---------------------------------------------------------------------

I'm gonna do everything possible to keep them from taking it.

(私は、できることを全て行い、あいつらが命を奪うことを防ぎます)

 

keep them from taking とは「彼らが~をすることを防ぐ」の意味です。

例)

The thought of his wife and children kept him from doing such a

dishonest thing.

(妻子のことを考えると、彼にはそんな不正はできなかった。)

 

◇  what it's like to be

---------------------------------------------------------------------

I know what it's like to be in the shadows.

(私には、社会の影に存在する意味が良く分かります)

 

what it's like to beとは「~であること」ですが、ここでは、「あなたの境

遇が良く分かるので同情します」という意味合いで話しています。

 

◇  And ain't nobody gonna take that from us.

---------------------------------------------------------------------

And ain't nobody gonna take that from us.

(誰も、私たちから奪い取ることはできません)

 

And ain't nobody gonna take that from us.とは Nobody is going to take

that from us.ですが、自然と倒置をして歌うように話しています。