· 

遅読の底力

ゆっくり読むことには、何の問題もないばかりか、そのメリットは計り知れません、とのメッセージですね。日本でも速読が注目されることが多いですが、このような話を聞くと、読書本来の在り方を再考させられます。

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

https://www.npr.org/templates/transcript/transcript.php?storyId=762102827

Jacqueline Woodson: What Is The Hidden Power Of Slow Reading?

(遅読の底力)

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

bummed out テンションが下がる

inhale 深く息を吸い込む

unclasp 広げる

fictive  空想の

savor 味わう

linger たたずむ

flak 非難

legitimize 正当化する

descendant 子孫

illiteracy 文盲

indignant 憤って

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

◇  off-the-charts

---------------------------------------------------------------------

They were off-the-charts readers.

(彼らは、読書の達人でした。)

 

off-the-chartsの文字通りの意味は、「(グラフで)群を抜いた」の意味ですが、

通常は良い意味で「とても優れた」を意味した言葉です。上記のように訳しました。

 

◇  this isn't how one should do this

---------------------------------------------------------------------

this isn't how one should do this, you begin to question because it's

adults and it's their gaze.

(普通はそのようにすべきではないのです。すると自分自身に疑問を持ち始める

のです、なぜなら、相手は大人ですし、大人の視点ですから。)

 

this isn't how one should do thisの文ではoneを使っています。これは、「普

通、人は、一般的にいって人は」といったことを表現するときに使います。

 

◇  I was untaught to do this

---------------------------------------------------------------------

I was that child with her finger running beneath the words until I was

untaught to do this, told big kids don't use their fingers.

(私は、文の単語の下に指をなぞって読んでいる子供でした、そうしないように

指示され、大きな子供はは指を使わないようにと言われるまでは、ですが)

 

I was untaught to do thisのuntaughtですが、通常は「教わらなかった」の意味

で使いますが、ここでは「再教育された、(これまではなぞり指を使っていたの

ですが、これからは)そうしないように指示された」の意味で使っています。

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

bummed out テンションが下がる

inhale 深く息を吸い込む

unclasp 広げる

fictive  空想の

savor 味わう

linger たたずむ

flak 非難

legitimize 正当化する

descendant 子孫

illiteracy 文盲

indignant 憤って

homage 敬意

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

◇  taking my sweet time taught me everything I needed to know about

writing.

---------------------------------------------------------------------

My love for looking deeply and closely at the world, for putting my

whole self into it and by doing so seeing the many, many, many

possibilities of a narrative turned out to be a gift because taking my

sweet time taught me everything I needed to know about writing.

(世界を深く、そしてより近くで見つめなおしたい気持ち、自身をその中に置

いてみたいという気持ち、そしてそうすることで、多くの物語の可能性を見出

すことが私の才能だったたのです。なぜなら、ゆっくり楽しむことで、物語を

書くことのすべてを学ぶことが可能だったのです。)

 

taking my sweet time とは「慌てずに、ゆっくりと、物語の世界に入り込む」

ことを指しています。taught me everything I needed to know about

writingとは「これだけで良かったのです。他の技法を学んだり、小難しいこと

を学ぶ必要はなかったのです」と話しています。

 

◇  we step inside their circle

---------------------------------------------------------------------

Each time we read write or tell a story, we step inside their circle,

and the power of story lives on.

(物語を書く、読む、話す度、それらの物語の世界に入り込みます。こうして

物語は繋がってゆくのです。)

 

we step inside their circleとは「その物語の世界、歴史、観念、人々に入り

 

込む」ことを指しています。