· 

映画「The Year of Spectacular Men」から

ラブコメディですが、いわゆるミレニアル世代の若者の心を描写したかった、とのことですね。
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・表現を含む題材……………………… The Year of Spectacular Men
 ・単語、イデオム……………………… トレーラー、インタビューで使われ
た単語
 ・表現の解説…………………………… 3つの表現を中心に解説します
 ・編集後記……………………………… ラブコメディですが、いわゆるミレ

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

https://learningenglish.voanews.com/a/english-at-the-movies-matters-of-the-heart/4589847.html
English @ the Movies: 'Matters Of The Heart'

https://www.youtube.com/watch?v=yVnjsNRmODs
'The Year of Spectacular Men' is the Indie Romcom Millennials Need

※ 必要に応じて、CC(字幕)をご利用ください。

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

millennial ミレニアル世代
vignette 的確に描写したもの
squiggle くねくねした線
innate 先天的
insidious 陰湿な
truism 自明の理
rom-com ロマンチックコメディ
chick-flick 少女的な
tenderness やさしさ

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

◇   matters of heart
---------------------------------------------------------------------
I have never been good in matters of heart. 
(私は、恋愛に関してはよく分からないの。)

matters of hearは直訳で「心の事」ですから、その意味が想像できますね。

例)
As with all matters of the heart, you’ll know when you find it.
(恋愛に関する全ての問題と同様に、それを見つけた時、あなたはそれだと気
づくでしょう。)

◇  it's meant to really be for
---------------------------------------------------------------------
it's meant to really be for young people 
(これは、若者の為のものなの。)

it's meant to really be forとは「本来的には~に対してのためのこと」とい
う意味です。

例)
We are meant be together. 
(私たちは、一緒になる運命よ)

◇  put a big kind of moat around their Castle 
---------------------------------------------------------------------
I thin they put a big kind of moat around their Castle 
(私の考えでは、男性は、自分達のお城の周りに、大きな「お濠」を作ってい
ると思うの。)

moatとは、城の周りの「濠」のことですが、ここでは、自分が傷つかないよう
に、自己防衛の為の方策を作っている、と話しています。