· 

映画「Youth」トレーラーから

今回は映画「Youth」のトレーラーからの表現をみてみました。

日本語では『グランドフィナーレ』の邦題で2016年に放映されていました。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 ・表現を含む題材……………………… 映画「Youth」トレーラーから

 ・単語、イデオム……………………… トレーラーで使われた単語

 ・表現の解説…………………………… 3つの表現を中心に解説します

 ・編集後記……………………………… 今回は映画「Youth」のトレーラーか

 

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

https://learningenglish.voanews.com/a/3207728.html

English @ the Movies: 'Waste Of Time' 

https://www.youtube.com/watch?v=-T7CM4di_0c

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

apathetic 無関心の

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

◇  the first thing about

---------------------------------------------------------------------

you didn't know the first thing about my mother.

(あなたは母のことなど何一つ分かっていなかったわ。)

 

first thing about は通常否定で使われ、「~について何も(知らない)」な

どと使われます。

 

例)

I would help you, but I don't know the first thing about gardening.

(お手伝いしたいのですけれど、ガーデニングなんて何も知りませんわ)

She doesn't know the first thing about baseball.

(彼女は野球のヤの字も知らない。)

 

◇  owe

---------------------------------------------------------------------

I don't owe anybody anything. I did it myself

(私は、誰に対しても何の借りもないわ。すべて自分で実現したの。)

 

oweは「(返済義務を)負う」が第一義的な意味ですが、ここでは「~のおかげ

である、恩がある」の意味で使われています。

 

You'll owe nothing.

(あなたには一切の借りも生じません。)

I owe my success to my parents. 

私の成功は両親のおかげです。)

 

◇ overrated

---------------------------------------------------------------------

you say emotions are overrated. Emotions are all we've got.

(感情なんて おおげさな、と言ったよな。感情が全てなんだ。)

 

overratedは「過剰に評価されている」の意味ですが、ここでは「おおげさな」

という意味で使われています。

 

例)

My sister is an overrated singer.

(姉は過剰に評価された歌手です。)

Love is overrated.

(恋愛は騒がれているほどいいもんじゃない)

 

◇ It just is.

---------------------------------------------------------------------

Music is all I understand because you don't need words and experience 

to understand it. It just is.

(私には音楽しか分からないんだ。なぜなら、音楽を理解するのに言葉や経験

は必要ないんだ。そのままを受け入れればいいんだ。)

 

It just is. とは It is what it is. と同義です。

「それが、それ以上でもなく、それ以下でもない」とのことですが、分かりや

すく表現すると、「それが現実です、そういうものです」などとなります。

 

例)

A: I have to work on Christmas Eve! 「クリスマスイブに仕事とか!」

B: It is what it is. 「それが現実さ!」

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

今回は映画「Youth」のトレーラーからの表現をみてみました。

日本語では『グランドフィナーレ』の邦題で2016年に放映されていました。

 

音楽への情熱、妻、自身の人生を元指揮者が振り返りその意味を探求する映画

のようです。

元指揮者の父をもつ娘が、父の生涯と自分の価値感の不一致を受け入れること

になるのか、映画を見る機会があれば鑑賞したいと思います。