· 

ファミリーセラピストが言う最低のアドバイスとは

ファミリーセラピストの方のアドバイスからの表現をみてみました。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 ・表現を含む題材……………………… 「パートナーからの必要項目?」

 ・単語、イデオム……………………… レポートで使われた単語

 ・表現の解説…………………………… 3つの表現を中心に解説します

 ・編集後記……………………………… ファミリーセラピストの方のアドバ

 

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

http://www.businessinsider.com/hal-runkel-marriage-relationship-needs-wants-advice-love-couple-2017-6

Trying to meet your partner’s needs is 'the most horrific advice I cou

ld imagine'

(相手の「必要」に合わせるように、とは最低のアドバイスです。)

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

horrific 悲惨な

recipe  ヒント、秘訣

repel 追い払う、撃退する

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

◇ much less

---------------------------------------------------------------------

When’s the last time you actually respected an emotionally needy 

person, much less found them attractive?

(あなたが、感情的な「おねだり屋」を最後に尊敬したのはいつですか、まし

てやそういった人を好きになったことは?)

 

much lessは「まして~でない」の意味です。

 

例)

The boss is never civil, much less polite. 

(上司は丁寧ではないし、まして礼儀正しくもない。)

 

◇  Which

---------------------------------------------------------------------

I don't need my wife. Which frees me up to want her. 

(自分には妻は「必要」ではない。そのことで、「彼女と一緒にいたい」とな

るのです。

 

ここでのWhichは、全文全体のロジックを指しています。つまり、「私は妻を便

利だから必要としているわけではない」というロジック全体のことを指してい

ます。

whichの後のfree me upは自分を開放する、つまり、「自由意志として彼女と一

緒にいたい」という意味になります。

 

◇  signed up for. 

---------------------------------------------------------------------

And that’s not what you signed up for. 

(私はそれ(必要だから)結婚したわけではない。)

 

signed up は「~にサインする。契約する。」の意味ですが、ここでは、他の

箇所にも" I do"と結婚式に使うフレーズからも明らかなように結婚のことを意

味しています。

 

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

ファミリーセラピストの方のアドバイスからの表現をみてみました。

 

このビデオクリップでは、平易な語彙、文章を使っているわりには、最初分か

りずらく感じたかもしれません。それは、needとwantが同じような事を意図す

る語彙であるにも関わらず、明確に異なる意味を持って使われているからです。

 

needは平易な言葉ですが、「必要」とだけしてしまうとwantとの違いにこんが

らがってしまいますね。

needは「自己の目的達成の為の必要」といったネガティブなニュアンスで使わ

れており、一方want は「自己のポジティブな希望、意思としての必要」として

使われています。

 

ニュアンスが分かると意味もすんなり入ってきますね。