· 

映画The Hero : Sam Elliott氏インタビュー

映画 The Hero出演のSam Elliott氏インタビューからの表現を見てみました。

 

声が渋いですね。また、インタビューに人柄がにじみ出ていました。英語を勉強することで、映画だけでなく、出演者やインタビューの方の人となりも理解でき、素敵な人々を知ることができます。

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 ・表現を含む題材……………………… Sam Elliott氏Heroのインタビュー

 ・単語、イデオム……………………… インタビューで使われた単語など

 ・表現の解説…………………………… 6つの表現を中心に解説します

 ・編集後記……………………………… 映画 The Hero出演のSam Elliott

 

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

https://learningenglish.voanews.com/a/4072137.html

 

https://www.youtube.com/watch?v=7rN-LzO5abM

Sam Elliott on his latest role The Hero on Charlie Rose Interview

(Sam Elliott氏Heroのインタビューから)

 

※必要に応じて字幕をONにしてください。

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

pay the price 代償を払う

mop up the mess 汚したものを掃除する

mortality 死

the proverbial line ことわざ

snowball chance 成功する見込みはほとんどない

lodestar 道しるべ

bleak 荒れた、寒々しい

distinctive 明らかに異なる、独特の

dictation  話し方

twang 鼻声

glean 拾い集める

high note 好調なうちに

let it wash over you 満喫しよう

keep it all in perspective 事実をバランスよく正しくとらえておく

sage 賢い、思慮深い

frivolous 尻軽な、浅はかな

pursuit 探究

wreck ボコボコだ

laconic 簡潔な、無駄口のない

by any stretch どう引っ張っても

glib 口の達者な

bristle 苛立つ

dear to my heart 心に響く

 

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

◇ a little off

---------------------------------------------------------------------

You seem a little off. 

(何かあったのですか?)

 

a little offとは「元気がない、いつものあなたではない」の意味です。

 

◇  any parallels here?

---------------------------------------------------------------------

you're not thinking about your mortality but any parallels here?

(自身の死を予感しているわけではありませんが、何か共通していることはあ

りませんか?)

 

parallelは「平行、平行な」の意味ですが、ここでは、「何か共通しているこ

とはありませんか?」の意味となります。

 

◇  he'd be tickled now

---------------------------------------------------------------------

I think he'd be tickled now

(今頃親父は(自分の事を話されて)むずかゆがっています。)

 

tickleは「かゆい」ですが、ここでは以前に亡くなったお父様が天国で自分の

事を話されて、さぞか痒がっているだろうな」と言っています。

 

◇  It takes work to do that

---------------------------------------------------------------------

it's work. It takes work to do that, but that's how I have the balance

(仕事は、仕事です。それで人生のバランスを取っています。)

 

It takes work to do thatとは「仕事をするのに、仕事が必要」と少々おかし

な日本語になってしまいますが、その意味合いは、「仕事は手を抜くわけには

いかない。それ程真剣なものです」の意味で話しています。

 

◇  That's not to say

---------------------------------------------------------------------

That's not to say I don't go and get nervous every time that I go in

(だからといって、現場に行く時はいつもナーバスにならない、というわけで

はないんだ。)

 

That's not to sayは「それだからといって~だと限らない」といった表現の時

に使います。

 

So far, no one’s been sacked, but that’s not to say it won’t happen.

(今のところ誰も解雇されたわけではないが、かといってそれが起きないとは

限らない)

 

◇  if it wasn't for that, I probably wouldn't

---------------------------------------------------------------------

if it wasn't for that,I probably wouldn't have the career that I've had

(あれがなければ、今日手にした職業をやっていることはなかった。)

 

if it wasn't for thatは「もし~がなければ」の意味です。

 

例)

If it were not for the sun, nothing could live. 

(もし太陽がなければ何も生きられないだろう)

 

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

映画 The Hero出演のSam Elliott氏インタビューからの表現を見てみました。

 

声が渋いですね。また、インタビューに人柄がにじみ出ていました。

英語を勉強することで、映画だけでなく、出演者やインタビューの方の人とな

りも理解でき、素敵な人々を知ることができます。

 

インタビューの途中で、映画や役とは関わりのないインタビュワーの話をする

場面があります。Sam Elliott氏は敬意を表しつつ彼と話を進めます。成熟した

人間のやり取りを感じることのできる場面でした。