· 

CRISPRと人類の進化

ノーベル化学賞の候補にもなっているCRISPRですが、以前NHKの番組でも取り上げていました。そもそも30年ほど前最初にCRISPRを発見したのは日本人研究者だったようです。それから25年ほど経って、米、仏の研究グループが任意の切り取りたい遺伝子情報をCRISPRを利用して操作することが可能となり、急激に研究、実用が進んだようです。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 ・表現を含む題材……………………… 「CRISPRと人類の進化」から

 ・単語、イデオム……………………… クリップで使われた単語など

 ・表現の解説…………………………… 3つの表現を中心に解説します

 ・編集後記……………………………… ノーベル化学賞の候補にもなって

 

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

http://www.pbs.org/video/crispr-and-the-future-of-human-evolution-2wqrb1/

CRISPR and the Future of Human Evolution

(CRISPRと人類の進化)

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

genetic 遺伝子の

Mutation 突然変異

selection 淘汰 natural selection自然淘汰

mold 形づくる

pond scum 藻類 

platypuses かものはし

predator 捕食者

nucleotide ヌクレオチド

unnatural selection with non-random mutations ランダム発生ではない突然

変異による非自然淘汰

organisms 生物

offspring 後継者

fertilization 受胎

 

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

◇ hit evolution’s gas pedal

---------------------------------------------------------------------

Once we discovered the molecule that guides these traits, we realized 

we could hit evolution’s gas pedal.

(これらの特徴を導き出す分子を発見すれば、進化をますます加速するでしょ

う。)

 

hit the gas pedalは「自動車のアクセルを踏む」の意味ですが、ここでは「進

化をますます加速するでしょう」としました。

 

◇ up to chance

---------------------------------------------------------------------

In the mid-20th century scientists realized they could speed up 

mutations using radiation or chemicals, but the effect was still up to 

chance.

(20世紀半ばでは、化学物質や放射線を使用して突然変異を起こすことができ

る、としていましたが、その効果は偶然性に頼っていました。)

 

up to chanceは「偶然次第=>偶然性に頼っていました」の意味です。

leave to a chance と同意義です。

例)

My father always said, "Don't leave your health to chance. Keep fit." :

( 私の父はいつも「健康をなおざりにするな。体調に気を付けろ」と言ってい

た。)

 

◇ they’re miles apart

---------------------------------------------------------------------

Curing diseases with CRISPR and making designer babies aren’t 

technically that different,but they’re miles apart ethically.

(CRISPRを使用して病気を治療することとデザイナーベビーとは技術的な意味

では大して違いがありませんが、倫理的な意味では大きく異なります。)

 

miles apartは「何マイルも離れた」の意味ですが、ここでは「乖離が大きい」

ことを意味しています。

 

例)miles apart from the truth

(真相と懸け離れている、真実からは程遠い)

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

ノーベル化学賞の候補にもなっているCRISPRですが、以前NHKの番組でも取

り上げていました。そもそも30年ほど前最初にCRISPRを発見したのは日本人研

究者だったようです。それから25年ほど経って、米、仏の研究グループが任意

の切り取りたい遺伝子情報をCRISPRを利用して操作することが可能となり、急

激に研究、実用が進んだようです。

 

ゲノム研究が進み、難病や治療が困難な病気が治るのはもうすぐなのかもしれ

ませんね。

 

ビデオクリップは次のコメントで締めくくっています。

 

What’s clear is the ability to control nonrandom mutation and 

unnatural selection in humans,to control a piece of our evolution, is 

no longer a question of if we can. It’s a question of if we will.