· 

The House

映画「The House」のトレーラーからの表現です。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 ・表現を含む題材……………………… 「何か胡散臭いこと」から

 ・単語、イデオム……………………… 映画で使われた単語など 

 ・表現の解説…………………………… 4つの表現を中心に解説します

 ・編集後記……………………………… 映画「The House」のトレーラー

 

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

https://learningenglish.voanews.com/a/3823000.html

English @ the Movies: 'Something Fishy' 

「何か胡散臭いこと」

https://www.youtube.com/watch?v=9Oi0BGH-VVc

 

 

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

tuition 学費

drop the beat 音楽をかけて

resort to 最終的に~になる

MMA Mixed martial arts 混合格闘技

 

 

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

◇ something fishy

---------------------------------------------------------------------

something fishy going on with those three

(あの3人は何か胡散臭いことをやってそうだ)

 

something fishyとは「何かおかしなこと、疑わしい事」の意味です。特に魚に

関係しているわけではありません。

 

◇ in one month

-----------------------------------------------------------------------

I have a way for you guys to make four years tuition in one month

(1か月で4年分の学費を稼ぐ方法があるよ)

 

in one month のin は「~の間」の意味で期間を示すときに用います。

 

例)

the hottest day in ten years 

10年間でいちばん暑い日.

 

◇ do this math

-----------------------------------------------------------------------

do this math

(計算してみて)

 

do this mathは「算数をする」が直訳ですが、自然な日本語では「計算する」

となります。

 

例)

sit down and do the math

(きちんと計算する)

 

 

◇ resorted to

-----------------------------------------------------------------------

we resorted to a life of crime

(我々は犯罪生活に陥った)

 

resorted toは「最終的に~を選ぶ」という意味です。

例)

to resort to violence

乱暴に出る

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

 

映画「The House」のトレーラーを見ると、一般家庭の親が、娘の学費捻出の為

カジノ店を開くというコメディー映画の概要が分かります。

 

映画は楽しそうですが、アメリカの学費の高さは冗談でもなんでもありません。

50,000ドルは決して誇張ではないので、映画を見ている人の多くは、この部分

(娘が入学試験にパスしても親としてはうれしくないという場面)だけは共感

できると思っているはずです。

 

なんでもありのアメリカでは、これと似たようなことがあっても決して不思議

ではない気がします。