入会までの流れ


お問い合わせ 来校・オンライン面談 ご説明 レベルチェック クラス決定 レッスン開始

よくある質問

Q 教室の見学や無料体験レッスンを受けることができますか?

事前にご連絡をいただければ、いつでも受けることができます。 レッスン内容の確認、講師の教授法、教室の雰囲気をお確かめください。

 

Q 入会の時期は決まっていますか?

入会はいつでも可能です。

 

Q 短期コースでも入会金は必要ですか?

A 基本的に短期コースには入会金は必要ありません(検定対策集中コースを除く)。

 

Q レッスンの振替はできますか

振替は週間以内で可能となっております。(短期コース、検定コースでは基本振替はできません。)

 

Q 全てのコースにおいて、オンラインでレッスンを受けられますか

プロジェクト型コースと工作コースを除き、オンラインでレッスンを受けることができます。

 

Q 支払いはどうなっていますか?

安心の月謝制となっています。お支払い方法はゆうちょ銀行口座への送金(払い込み、振替、他金融機関からの振込)となっております。

(短期コースでは一括のお支払いとなります。)

 


もう少し詳しく聞きたい

クラスについて

Q 「小クラス」とありますが、何人からのクラスがありますか?

A 1名様からのクラスもございます。グループレッスンですが、1名様からの受け入れをさせていただく場合もございます。まずはお問い合わせください。

Q ABCコアのA1、A2って何ですか?

A 世界的な共通基準のことです。例えば英検などで、この共通基準に準じて各級を定義し、運用しています。そうすることで、異なる検定試験の間でも、共通の認識に基づいた評価が可能となります。具体的には、A1は英検4級と3級相当、A2は英検準2級と同等、という具合です。

Q 小2なのですが、どのレベルになるでしょうか?

A 全くの英語0から始める、とのことでしたら、「プレABCコア(英語でやってみよう!)」をお勧めします。このコースは、楽しく手を動かしたり、塗り絵をしたり、間違い探しをしたりと、生徒様に楽しく参加してもらうことを趣旨としております。

Q 英語は、全く初めてです。ローマ字からやってもらいたいです。

A 小学生のお子様の場合、英語は初めて、という方が多くいらっしゃいます。中には、学校でやったローマ字も習得できているか不安、とお話しいただく保護者様もいますが、丁寧にローマ字と英語の似ている点、異なる点を説明しながら進めて参ります。

Q 週2回はそんなに大切ですか?

A はい、とても大切です。ご家庭で常に英語をお使いになる環境がある場合を除いては、現在の日本では、英語を活用する機会が圧倒的に足りません。言葉は使っていかないと上達は見込めません。是非週2回をご検討ください。もちろん諸事情により週1回でも受け付けさせていただいております。

Q ライティング(アルファベットを含む)もやっていますか?

A はい、ライティングを含めて、5つの要素(Read,Write,Listen, Speak,Vocaburary)をバランスよくカバーしております。

Q 子供は、英語のプレスクールにいっていたのですが、それに相当したレッスンの提供は可能ですか?

A 可能です。レベルに合うクラスに入っていただくことができますし、個人指導も選んでいただけます。上級のクラスでは、英語のみでのレッスンや、読解力を養うため、小説を読み進めたり、テレビ番組を一緒にみて、意見を出し合ったりと様々な取り組みが可能です。

Q 中学生ですが、「学校の英語がつまらない」と話しています。

A 学校の画一的な授業では、本来生きている言葉の面白さを享受できない、と捉えるのもある種、正当性があります。 私共は少人数制です。生徒様の興味などを確認しながら、レッスンを楽しく進めていくので、是非ご検討ください。

Q 発音についてですが、どのように矯正を試みていますか?

A 発音は、どうしても母国語の影響を受けがちです。そのため、口の形、発声の仕方、舌の位置、唇の動作など、丁寧に繰り返し訓練しております。また、もとの正確な音を繰り返し再生し、正しい音として認識してもらうことも重要視しております。

見学・体験について

Q 友人と一緒に見学、体験もOKですか?

A もちろん大歓迎です。お待ち申し上げております。

Q 体験や見学に参加したいのですが、イマイチと子供が感じたら無理はさせたくないのですが、それでも良いですか?

A 結構です。子供様のお気持ちは最重要と考えております。無理をしては長続きしません。私共としては、気兼ねをせず「お試し」との位置づけで大丈夫、と思っております。

オンラインレッスンについて

Q オンラインでの参加は不安です。子供が萎縮してしまわないか心配です。

A 最新のテクノロジーを利用しています。生徒様がポツンと孤立しないように映像、環境的な仕組みも万全ですし、 レッスン体制も工夫しております。子供達の適応力は、大人よりずっと優れています。 最初は、消極的にみえても、すぐに慣れていただけると思います。 是非一度見学、体験をお試しください。

Q オンラインに興味があるのですが、私(保護者)がテクノロジーに疎くて不安です。

A 既に多くの方々が安定して運用できるよう、お手伝いさせていただいております。端末の設定や、ネットワークの問題解決サポートに豊富な経験がありますので、全く心配はいりません。

Q オンラインでの見学、体験は可能ですか?

A 可能です。こちらからQRコードを送付しますので、ZOOMクラスにご参加ください。

Q オンライン参加の場合でも振替はありますか?

A オンライン参加の場合、レッスンの録画を準備させていただき、それを1週間にわたり公開させていただきます。これをもって振替とさせていただいております。

Q コロナなどで学校が休校になり、また、情報端末の準備もできていないのですが、、、

A オンラインでのご参加を進めておりますが、やむなく参加できない場合は、再開できるまでの間、お休みの扱いで結構です。その場合、お月謝は繰り延べとなりますので、発生しません。

塾との違いなど

Q 塾でも英語をやっています。どのような考えで英語教育を考えれば良いでしょう。

A ある意味、どこで学ぼうと、誰から学ぼうと、ご本人が英語を話し、読み、聞くことができればOKです。その上で英語によるコミュニケーションができれば、それが我々の大きな目標です。その目標に最も適している機関をご選択されればよろしいかと思います。

Q (塾や習い事、部活などで)とにかく忙しいのですが、どの形で参加するかは悩みますが…

A まずはご相談ください。オンライン・レッスンの体制が充実しています。ご自宅から、あるいは場合によっては自宅以外の場所からでも、 インターネット環境と対応端末さえあれば、ZOOMを利用してレッスンにご参加できます。 オンライン・レッスンにすることで、スタジオまでの往復の時間の削減や「塾が全く違い方向にある」などの問題が解決できるかもしれません。

運営について

Q 個人情報の取り扱いが不安

A 大丈夫です。皆様の個人情報は厳重に管理しております。特にオンライン・レッスンの実施、録画情報の取り扱い、情報共有用アプリでの利用など、細心の注意を払って運用しております。

Q 保護者との情報共有をアプリで、とありますが、これは何ですか?

A 当方では無料アプリClassDojoを利用して、主に保護者様とのやり取りをさせていただいております。毎回のレッスン・ログ、宿題の提出、お知らせ、チャットでのちょっとしたやり取りなど、密に連絡を取り合いながら進めております。

Q 通常レッスンの「振替」とはどのようなものですか?

A 振替は、ほぼ同等レベルのクラスの中からクラスにご参加いただきます。多少レベルがいつもより高い、低いとなっているかもしれませんが、レッスン内で調整しますので、ご安心ください。

Q 「紹介制度」について教えてください。

A ご入会を条件に、ご紹介いただいた方に3,000円相当、ご紹介を受けた方に2,000円相当のアマゾンギフトカードを贈呈させていただいております。

Q ABCコアと英検の両方をやりたいのですが、

A 組み合わせることが可能です。実際に、A1コース(週1回)と英検3級(週1回)でご参加いただいている生徒様もいらっしゃいます。

Q 年度の途中からの参加は、望ましくないでしょうか。

A 途中からでも、思い立ったが吉日。是非その時点からご参加ください。私共では、それぞれの生徒様の成長を個別に判断させていただき、1つずつのレベルアップを提案させていただいております。途中からの入会でも、そこから、半年後には1レベルアップをお勧めすることもございます。入会時期はお気になさらないで結構です。

Q 住んでいる場所、ちょっと遠いのですが、、

A ZOOMを利用してのオンライン・レッスンで継続的にレッスンにご参加できます。たまたま近隣の市にお住まいの場合、時々お越しになれるのでしたら、お会いできるとうれしいです。また、映画を一緒にみる機会や、イベントなどもありますので、そのような時にでも、直接、お会いできると仲間どうしでも盛り上がります。

その他

Q 子供が落ち着きのない性分ですが、ご迷惑でしょうか。

A 楽しみの要素が多いレッスンですので、積極的に楽しんで、学んでいただけるのでしたら、大歓迎です。まずは、お試しください。 他の生徒様にご迷惑がかかるほどの場合は、 ご相談申し上げる場合がございます。

Q 勉強が嫌いな子ですが、大丈夫でしょうか?

A 「言葉」を学ぶのは、いわゆる「お勉強」とは少々異なります。楽しく学んでいくことは、本来、やりがいもあり、成果があるとうれしいものです。誰もが、母国語を話せるようになる過程で「お勉強」をしながら頑張る、といった具合に学ぶわけではありません。それぞれのお子様の知的な面を刺激しながら、進めて参ります。

Q 将来、英語を使った仕事を、と漠然と考えています。何かアドバイスはありますか?

A 私共は、レッスンの中でも英語が世の中でどう使われているか、日本の社会がどのように変化してきているか、職業で英語を使うとはどういうことか、などを紹介したり、話し合ったりしています。是非、お話しを聞かせてください。具体的なアドバイスがたくさんできると思います。