· 

抗生剤が効かない?

抗生物質は夢の薬、と思っていたのはもう昔の話です。Super Bugは前回も取り上げましたが、豚などの家畜に接種することで対抗性を蓄え、やがて人が抗生剤を使っても効かないことになってしまう事態が想定されるようです。

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・表現を含む題材……………………… 「抗生剤への対抗」から
 ・単語、イデオム……………………… 記事で使われた単語
 ・表現の解説…………………………… 3つの表現を中心に解説します
 ・編集後記……………………………… 抗生物質は夢の薬、と思っていたの

■ 表現を含む題材 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

https://learningenglish.voanews.com/a/antibiotic-resistance-spreads-quickly-from-animals-to-people/4376657.html
Antibiotic Resistance Spreads Quickly from Animals to People
(抗生剤への対抗が動物から人へ急激に広がる)

■ 単語、イデオム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

antibiotics 抗生物質
pathogens 病原体
genetic  遺伝子の
salmonella  サルモネラ菌
anti-microbial 抗菌剤
cesarean sections 帝王切開

■ 表現の解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

◇  lead to
---------------------------------------------------------------------
She warned recently that anti-microbial resistance could lead to the 
"end of modern medicine."
(彼女はこう警告します。抗菌剤への対抗は「現代薬品へ信頼の終了」と繋が
る恐れがあります。)

lead toは「~につながる、~を導く」の意味です。

例)
A cold often leads to all kinds of disease. 
(風邪は万病のもと。)

◇ would .. without
---------------------------------------------------------------------
She told them that common operations, such as cesarean sections, would 
become dangerous without working antibiotics.
(彼女は帝王切開などの手術が、効き目のある抗生剤なしでは危険になるかも
しれないと話しました。)

would .. without~ とは「~なしでは..かもしれない」と、現実はありえない
かもしれないことを仮定した表現です。

例)
He would not be able to live without water. 
(もし水がなければ、彼は生きていけないだろう。)

◇  on the rise
---------------------------------------------------------------------
“Those would become much more risky if we did not have effective 
antibiotics. Superbugs kill and they're on the rise.”
(もし効果的な抗生剤がなければ、それらの手術は危険になります。スーパー
バグは致命的で、ますます増殖しているのです。)

on the rise は「栄えてきた、上昇中で」の意味もありますが、ここでは「増
殖中」の意味で使われています。

例)
Divorce among the young is on the rise in Japan. 
(日本では若い夫婦の離婚が増えつつある。)

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

「抗生剤への対抗が動物から人へも急激に広がる」からの表現を取り上げまし
た。

抗生物質は夢の薬、と思っていたのはもう昔の話です。Super Bugは前回も取り
上げましたが、豚などの家畜に接種することで対抗性を蓄え、やがて人が抗生
剤を使っても効かないことになってしまう事態が想定されるようです。

驚くのは、対抗性を蓄積するまでの早さです。2005年前後(in the mid-2000
s)から始まり、201X年には、全世界の人を含む多くの種に影響を与えた、とあ
ります。自然はある意味恐ろしいですね。